Home > Life

Life Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

エンジニアブーツ その2

  • 2011-05-25 (Wed)
  • Life
loveless.jpg

THE LOVELESS ロッカーズムービーとしては、もはやバイブルな作品
隙の無いクールさ、サウンドトラックの楽曲は特に素晴らしく
ロカビリーを基調に映画の中に確実に溶け込んでいる

主演のウイリアムデフォーが寡黙なKoolな男を演じていて
ライバルとなるロバートゴードン、この人はもともとがミュージシャンだけれど
いい感じで嫌味のあるアウトローバイカーを演じている

当時ガキだった自分はMTVと違った音楽と映像の作品に衝撃を受けた
カッコイイ演出はあまりにも出来すぎていて
自分の世界では当然無いと思っていたけれど
この表現手法は素晴らしく、自分の中で斬新だった

革ジャン バイク ロックンロール

シンプルで象徴的で力強さがある不変の物

そして映画の中で彼らの足元にはエンジニアブーツがあった

最初はそれが何か分からなかった、教えてくれる人間もいない
マーティンに似ているが紐が無くベルトで止まっている
俺はそいつが欲しくて仕方なくなり
とにかく靴を置いている店という店に足を運んだ

そして輸入靴を専門に扱った店にそれらしき物があった
忘れもしない最初に手にしたエンジニアブーツがCHIPEWAだった

その日から夏の日も雪の日もほぼ毎日エンジニアと過ごした
空港では必ず止められ、バイクに乗った雨の日は悲惨な事になっていた
とにかくスチールトウは重く、レザーも厚いので慣れるまで時間が掛かる

けれど一度馴染んだエンジニアの愛着は履いたことのある人だったら
理解できるはず、どんなボロボロの状態でも手放したくなくなる
しかし、いつかは新しい物をそろそろ、の時が来る
この20年近くで4足履き潰した
今年から5足目のエンジニア、
長年親しんでいたCHIPEWAからWESCOに変えた
レザーとソールが良かったからだ、

IMG_0539.jpg

こいつもバイクのキックや、アスファルトやステージや旅だったりと
また何年も共にする事だろう、





エンジニアブーツ

  • 2011-05-21 (Sat)
  • Life
エンジニアブーツを履きだして、かれこれ20年近くになる

20才位の時はジョンソンズのZEROブーツだったりロボットや
ドクターマーティンを履いていて、

その頃、とにかくイギリスのファッションが好きで
ジョンソンズやボーイ、セディショナリー、ワールズエンド、とにかく
インターネットとか名前すら無かった時代だから
ID MagazineとかSWICHやらイギリスの雑誌を買いあさって
アンテナビンビン張りまくって情報を集めていた

レコードジャケットの中の憧れたUKミュージシャンは格好もKoolに映り
彼らが着ていた服や靴、スタッズリストとレコードを
少ないギャラから金をかき集めコピー商品じゃなくて
必ず同じものを買った

当然バンドもやっていてギターやアンプや、ダイエースプレー
あれこれと金が掛かる、当時は博多に住んでいたから
家賃なんて2万円で1DKなんてゴロゴロしてた
けれども、田舎街、変な格好のミュージシャンを雇ってくれる
奇特な人は数少ない
バンドブーム(イカ天)以前の話だからだ
インディペンデントなミュージシャンには社会的人権が無かった、

おまけにロンドンファッションに影響されてるから
金髪のモヒカンリーゼントに仕事なんてあるはずが無い

なもんで、ロックショップや高収入のヤバイバイト
それから中州にある色街の深夜喫茶店
自由に自分の生き方で金を稼げる所を転々としていた

ロンドンファッションとLiveに明け暮れる日々

そんな時ある衝撃的な映画を見た

つづく

旅への思い

  • 2011-05-07 (Sat)
  • Life
いい写真は必ず何かを語りかけてくれる
ピューリッツア賞はもとより
それは携帯電話のカメラで撮影された物でも同じで

被写体がレンズ通す時
撮影者の網膜から来るインスピレーションや
伝えたい気持ちが景色を意味あるものに変えてゆく
その気持ちがシャッターを押す動機となるだろう

何気ないバイク雑誌の表紙にもそれは存在し
香りや空気の振るえまで伝わってくる物もある

けれどその感覚は人それぞれで
何も感じない人もいれば、ストライクな感覚って人もいる
それはそれで人はそれぞれ違ったパーソナリティーがあるからこそ
素晴らしい事であり、個性が埋没するほうが危険だと思っている

motorcycle.jpg
カッコイイバイクが写っている訳でもなく
某バイク雑誌よろしく水着の女が写っている訳でもない
波止場にバイクを止めて夕日を見つける人間
男なのか女なのかも分からないこの写真は
1974年1月に発刊した AMA AMERICAN MOTORCYCLE ASSOCIATIONという
バイク機関紙の表紙、

この写真は大好きで眺めると一人で旅に出たくなるんだな
一人旅は本当にいいものなんで是非行って欲しいものです
写真の話が一人旅に一人歩きしそうなんでこれにて

MMS HomePage Renewal!!

  • 2011-04-23 (Sat)
  • Life
hpmmsnew.jpg

MMSホームページがリニューアルしました
今回のライディングロッカウエイのツアースケジュールが
Flashで登場!

MMS Official WebSite

制作してくれたBlack Rash 三善氏に感謝

三善氏はWebデザイナーであり、アパレルメーカー
いつも遠くから影でMMSを支えてくれています
     
    Thxxx!! ありがとう Thxxx!!

ツアー最終日には飲むぞっ!

BlackRash

Twitter

  • 2011-04-22 (Fri)
  • Life
今日からTwitterデビューしました
ツアーに備え必要だなと感じたからですが
この手はやっぱり苦手なツール、
使いこなせるか分からないけどツアーまで
物にしたいと考えています

SivasRock という名前で登録しています

良ければフォローして下さい

レコーディングのリハーサルも順調に進み
スタジオにはオペレーターさんも来て
いい感じになってきました

レコーディング前の一種独特な緊張感、これ好きです
発表は5月27日、テンション上がっています。

Home > Life

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。