Home > MotorCycle

MotorCycle Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

PANHEAD Mallory Distributor

LIVEが続いてDiaryが音楽一辺倒になっていましたが
バイクで走りたい禁断症状に駆られ,
去年のライディングロッカウェイでガタが結構きてまして
暇を見てバイクのメンテナンスをしていました

バイクの好きな人意外は何の事かサッパリと思うので
最後まで読んでも面白くないと思いますので、あしからず

今回は1年半ないがしろにしていた点火時期のセッティング
ハーレーは2気筒しかないので、多少それがずれていたとしても
何となく走ってしまうので、勘で全てやっていましたが
今年のロッカウェイの為、カッチリとやることにしました

点火時期はディストリビューター(以下デスビ)という部品でセッティングを出します
タイミングライトさえあれば何て事ないんですが
自分のガレージはそんな物も無く、今回は原始的な方法でトライしてみます

65年最終パンには自動進角ポイント式のデスビが標準ですが
ワイルドホースに装着しているデスビはマロリーという無接点機械式進角フルトランジスタです
光のセンサーでプラグを発火させるタイミングを決定させます

pand6.jpg
シリンダーの横にキノコみたいにポッコリ出ているのがデスビです
クランクケースのスタッドボルトを緩め、デスビを左右する事によって点火時期が変わります

ハーレーはフロントの点火マークで点火時期を決めていきます
マークはフライホイールに打刻してあるので、
クランクケースのタイミングホールから覗きます

pand4.jpg
これがタイミングホールで穴の奥にフライホイールが露出します

でもってジンワリとキックを蹴りつつ、ここが大変なのですが
点火マークを探していきます
マークが2つ現れます「I」が点火マークBTDC、次に出てくる「・」こいつは圧縮上始点です
パンは圧縮上始点の35度手前がBTDCなので「I」に合わせ
デスビの調整に入ります

pand1.jpg
キノコの頭がモジュール、茶色がローター、真鍮のプレートが自動進角のガバナーです
マロリーはガバナーを開く(進角させる)と固定できる良い感じの穴があるので
フル進角の位置で何かしら突っ込んで固定させます

で、も一度キノコを仮組みし

pand2.jpg
イグニッションを入れ、キノコを回転させます、
時計と逆方向に回転させプラグに火が入った所がフル進角での点火タイミングとなります
マニュアルでは2000回転でフル進角、BTDCのタイミングで点火
という事でで理にはかなっているはずです

pand7.jpg
確認すると、ローターの矢印と
pand3.jpg
デスビボディの矢印位置が一致します

デスビに突っ込んでいた進角止めを外し、デスビの位置を記録し
組み上げていきます、
よく見るとスタッドボルトがユルユルでオイルがダダモレでした
これが原因か!ここかなりヤバイ匂いがするので液ガス塗って
ケースに負担がかからない程度の締め付けで見ないふり…
課題山積です、

結果は明日、エンジンかかるかな?ちょい心配ですが、試乗してみます、
本日のメンテはこれにて、眠い

pand8.jpg







ライディングロッカウエイ リハ その5

IMG_0494.jpg
待っている間好きな煙草で一服
何分待っただろうか、状況を把握したい心配だ

その道を通ったであろう車から情報を引き出そうにも
ETCの付いている車は役立たず、さっさと通り過ぎていく
ニコニコ現金払いの車を止めてバイクの集団を見なかったと聞いてみた

証言A「バイクをバラバラに壊していたリーゼントの人がいた」

俺 「…?」

証言B 「バイクは見ましたよ、リーゼントの男が高速のガードレールを越え坂を駆け下りて行くのが見えた」

俺 「…?!」

証言C 「黒田先輩のバイクが爆発していました」

俺 (あーやっぱり、遠くで見た黒煙は…つーかお前誰?)

眞一の携帯が鳴った、眞一と目が合う、マサキからだ…
どうした?やっぱ爆発したのか?爆発したんだろ?

事情を聞いてみると止まっているのはやはり先輩
しかし爆発ではなく、どうも電気関係のトラブルらしい
自走出来るか、無理か判断が難しいところだ

このツーリングの前日、
俺の携帯にバイクの写真と絶好調というメールを送り付けたのは黒田先輩
大体シャベルヘッドが絶好調なんてありえない、
絶好調とはトラブルの前触れというインディアンの言葉さえある
ハーレーは1965年のPANモーターが世界最高だ

そして待つこと1時間半
自走断念の電話が鳴る

tamago.jpg
撮影協力MMSマサキ

残念だがここでリタイヤ、先輩は雲のかかった富士山を後にしてドナドナ
レッカー車と相成った、ここでワチ君とも別れ3人は河口湖へ、

一仕事を終え、今回のツアーの安全と成功
MMSというバイクチームの結束を確かめ解散した

マサキは雨の福島へ一人旅、
俺と眞一は山中湖~相模湖経由で都内に戻った

眞一と別れワインディングロードをロングフォークのチョッパーで攻める
多分、普通の人から見ればかなり遅いコーナリングスピードだけど
本人は曲がらないので攻めるという感覚になってしまうのだが、、

坂道に差しかかった時、急にフロントフォークが暴れだした
見るとフォークからオイルが噴出しあふれ出ている、
ダンパーが全く効かない
ブレーキをかけると極端に前に沈み、段差では跳ねまくる、
多分ダンパーが完璧に機能を失ってスカスカになったんだろう

IMG_0490.jpg
いきなりのトラブル、帰路を急ぐが高速ではフロントが暴れスピードが出せない
見る見る雲行きは怪しくなり調布インターからサングラスを雨が濡らした
そしてガレージ到着まで後15分でという時にいきなりの土砂降り…終わった、

そしてまた記録更新
2009.7/23以降、計画ツーリングは全て雨、

そして数日後、行きつけのバイク屋に見せに行くも、即入院…
フロントフォーク フルオーバーホール ✞アーメン

ライディングロッカウエイはどうなるのか?

5月27日は吉祥寺GB 出演時間は7:30から
5月28日 静岡 サナッシュ
5月29日 名古屋タイトロープ
5月31日 大阪ソシオ アメリカ村

この1週間は雨降らないでくれ、


ライディングロッカウエイ リハ その4

masakibike.jpg
色男マサキ登場、ま、普通に遅刻ですが
これで役者が全員揃った、
しかし誰も行先を知っていない
黒田先輩は「これからどうするんだよ」なんて言ってるけれど
誰も答えようが無い、何故なら談合坂8:00集合しか決まってないから

晴れならすっ飛ばして長野まで行ける時間だけれど
天候は昼から雨、バイクの雨なんて最低だ
なんせここ2年近く俺がツーリングに行くと必ず雨が降る、
今回だけは雨を避けたい、記録更新をストップしないと
なもんで、独断と偏見で2時間ちょいで自宅へ帰れる
河口湖という安易なコースをチョイス

実はこのツーリング、目的があり、今話すと台無しなので
後日ダイアリーにてその目的とやらを綴りたいと思っております

という事で中央道をぶっ飛ばし河口湖へ
去年オーバーホールして慣らし運転が終わった俺のPAN
調子が良い、油圧が若干足りないけど、結構走る

眞一はゲットしたニューバイクで後ろにピッタリ張り付いている
少しフロントが不安定になって暴れてきたけど構わずアクセルを開ける
後ろタイヤはちゃんと付いている

俺のバイクにはスピードメーターが無い
なもんで、実際何キロで走っているかさっぱり分からない
そこそこ100キロ位かなと思いきや
眞一のメーター読みで1○0キロはすっ飛んでたらしい
スゲーこれで純正のハイドロユニットだったら最強だな
と、思いつつバックミラーを見る

俺のバイクはバックミラーが振動で後ろが殆ど見えない
そのまま走っていると前を走っていた眞一がしきりに振り返る
そんなに新しいバイクが嬉しいのか道を間違えたのか
色々と考えを巡らせてながらも河口湖に到着

料金所で眞一が途中から後ろ3人のバイクが消えたと話しかける
たしか3キロ手前では後ろに黒田先輩の凶悪な姿が
震えるミラー越しに写っていた、

どうした後の3台…

つづく


ライディングロッカウエイ リハ その3

IMG_0481.jpg
談合坂に佇む2台 XS750 & WildHorse
雨の予報だけれど天気はまだ日差しが差込み
短い旅の期待に拍車をかける

タバコと缶コーヒーを片手に眞一のバイクを眺めていると
遠くからV-TWINの音ならではの凶悪な爆音が近づいてくる
車高の低いマシンやたら危険そうな男2人が横切った
ハーレーダビッドソンだ、

ん、見覚えがある

黒田先輩と後輩のワチ君だ
黒田先輩はBlack50(現在、横道坊主BASS橋本さんが在籍しているBAND)
そして現在ラフィアンのボーカリスト、ワチ君は黒田さんのスタッフ、

そういえば先日BARで飲んだくれたとき
今日のリハーサル参加しませんか?なんて誘ったのは俺だった
前日の深夜2:30に談合坂8:00とメールしたのも俺だった
このメールが最悪な事態になるとは誰が予想したのだろうか、、

IMG_0482.jpg
黒田先輩のHarleyDavidson ShovelHead Rigid その名もHighWay Junky
1970年代の旧車だ、雰囲気が俺のWildHorseと似ている
つーかシート同じだし… マフラーも出し方は違うけどシガーパイプだし…
んー先輩だが譲れない物は譲れない、いつか変えて頂こう
しかし綺麗に仕上がったバイクだ

IMG_0483.jpg
ワチ君のHarleyDavidson BlockHead NightTrain 鬼改造
リアは片持ちサスに改造、タイヤ300位あるんじゃかなろうか
ビキニカウルがやる気マンマンで、マフラーなんて45度上に向かってる
ここまでくると同じHarleyでも俺の物とは全く違う乗り物になってる

4台のバイクが揃い残り1台を待つ
バイク乗りが集まると必ずバイクの話をする
それがロッカーであってもロックの話ではなくやはりバイクの話なのだ
そんな時は時間の感覚なんて気にしなくなって話し込む
しかし今日の天気は午後から完璧に雨、頭を過ぎる

遠くから聞きなれたバイクの音が聞こえてきた
映画の世界じゃ色男は最後の登場と決まってる



つづく

ライディングロッカウエイ リハ その2

昨日は結構やられてたんだろう、タイトルからして間違っていました

TDの夜、天気予報で午後から降水確率60%、
じゃ午後まで走ろうって事になり午前8時に談合坂(山梨県)集合
この時点で帰宅したのがAM2:30
シャワーあびたり缶詰食ったり
パッキングだったりして準備出来たのが5:00、起床6:20
睡眠不足でエンジンかけるキックも重く中央道に飛び乗る

バイクは前回セッテイング出していたから100キロは軽く巡航出来
バルブが暴れるのを気にしなければ120キロ位でいけてしまう
というか、今のバイクだったら300キロは出せるというのに
フレームは俺が生まれる前の物だから仕方ないけど
モーターは65年だから130巡航目標に
何の事やら分からないだろうけど、古いから仕方ないんですよ、

快調に走りちょい時間押して談合坂へ到着
すでにNEWBIKEを手に入れた吉田眞一がすでに到着していた
IMG_0480.jpg

つづく


Home > MotorCycle

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。