Home > 2011年05月17日

2011年05月17日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ライディングロッカウエイ リハ その5

IMG_0494.jpg
待っている間好きな煙草で一服
何分待っただろうか、状況を把握したい心配だ

その道を通ったであろう車から情報を引き出そうにも
ETCの付いている車は役立たず、さっさと通り過ぎていく
ニコニコ現金払いの車を止めてバイクの集団を見なかったと聞いてみた

証言A「バイクをバラバラに壊していたリーゼントの人がいた」

俺 「…?」

証言B 「バイクは見ましたよ、リーゼントの男が高速のガードレールを越え坂を駆け下りて行くのが見えた」

俺 「…?!」

証言C 「黒田先輩のバイクが爆発していました」

俺 (あーやっぱり、遠くで見た黒煙は…つーかお前誰?)

眞一の携帯が鳴った、眞一と目が合う、マサキからだ…
どうした?やっぱ爆発したのか?爆発したんだろ?

事情を聞いてみると止まっているのはやはり先輩
しかし爆発ではなく、どうも電気関係のトラブルらしい
自走出来るか、無理か判断が難しいところだ

このツーリングの前日、
俺の携帯にバイクの写真と絶好調というメールを送り付けたのは黒田先輩
大体シャベルヘッドが絶好調なんてありえない、
絶好調とはトラブルの前触れというインディアンの言葉さえある
ハーレーは1965年のPANモーターが世界最高だ

そして待つこと1時間半
自走断念の電話が鳴る

tamago.jpg
撮影協力MMSマサキ

残念だがここでリタイヤ、先輩は雲のかかった富士山を後にしてドナドナ
レッカー車と相成った、ここでワチ君とも別れ3人は河口湖へ、

一仕事を終え、今回のツアーの安全と成功
MMSというバイクチームの結束を確かめ解散した

マサキは雨の福島へ一人旅、
俺と眞一は山中湖~相模湖経由で都内に戻った

眞一と別れワインディングロードをロングフォークのチョッパーで攻める
多分、普通の人から見ればかなり遅いコーナリングスピードだけど
本人は曲がらないので攻めるという感覚になってしまうのだが、、

坂道に差しかかった時、急にフロントフォークが暴れだした
見るとフォークからオイルが噴出しあふれ出ている、
ダンパーが全く効かない
ブレーキをかけると極端に前に沈み、段差では跳ねまくる、
多分ダンパーが完璧に機能を失ってスカスカになったんだろう

IMG_0490.jpg
いきなりのトラブル、帰路を急ぐが高速ではフロントが暴れスピードが出せない
見る見る雲行きは怪しくなり調布インターからサングラスを雨が濡らした
そしてガレージ到着まで後15分でという時にいきなりの土砂降り…終わった、

そしてまた記録更新
2009.7/23以降、計画ツーリングは全て雨、

そして数日後、行きつけのバイク屋に見せに行くも、即入院…
フロントフォーク フルオーバーホール ✞アーメン

ライディングロッカウエイはどうなるのか?

5月27日は吉祥寺GB 出演時間は7:30から
5月28日 静岡 サナッシュ
5月29日 名古屋タイトロープ
5月31日 大阪ソシオ アメリカ村

この1週間は雨降らないでくれ、


Home > 2011年05月17日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。