Home > 2011年06月

2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ライディングロッカウエイ Route1 Report 3nd Day Nagoya TIGHTROPE

  • 2011-06-24 (Fri)
  • Tour
MOVE

目が覚めて狭いホテルの窓を開ける
静岡の街はすでに湿度に覆われ泣き出した空は低過ぎる
今日も雨だ

昨日のアルコールが残った頭にニコチンの洗礼
少し湿ったタバコに火をつける、
窓からは少し雨が舞い込んでくる
タバコには水滴が薄茶色のシミを作っていく

今日は遅刻しなかった、
雨の中名古屋だ

仕度を終えロビーに向かう、ワイルドホースは幸いにも屋根のついたスペースに保管してある
メンバーも次第に集まり名古屋へ向かうパッキングを始める
すでに全員カッパ着用だ、
この頃だろうかロッカウェイがカッパウェイに変わったのは

全員マシンに火を入れ、さあ名古屋だ、
そして雨の東名高速、雨から土砂降りへと変わっていく
台風がやってきているのだ

rrwhamanako.jpg
浜名湖で1時間休憩し一気に名古屋へと走り出す

決して止まない雨、しかし気温は低くなく100キロ巡航でも走れてしまう
靴の中やグローブは水浸しだけど、こうなれば雨のライド思いっきり楽しむしかない



走行距離約180キロ、、ツーリングなら何とも無い距離だけど
これからリハーサルとLIVEが控えている
そして名古屋TIGHTROPE到着
またしてもずぶ濡れのままリハーサル
共演者さんからは「本当にバイクで来たんすね」なんて言われる
そう俺達は本当に東京からバイクに乗ってLIVEを演りに来たんだ



LIVE

MMSでは始めての名古屋、土砂降りの中走ってきた疲労感も
心地よい緊張感が次第に消し去っていく
ツアーのLIVEはいつになっても特別だ、
こちらの事を全く知らないオーディエンスに俺達の音をぶつけられる
また、知っていたとしても、1年前とは訳が違う、

LIVEはとにかく新鮮だ、ROCKBANDの中に何を求めるか、
予定調和の調べじゃないアグレッシブな物、体験、模索、破砕、創造
常に壊しながら前に行く語りで笑おうが音はギンギン
自分にはそれしか無いと思っている、緩くないサウンド



静岡、名古屋をプレイして自分達はかなり達成できた気がする
バイクがそうさせたのか、オーディエンスなのか、俺達自身なのか、
多分旅が終われば答えが出るかもしれない

AFTER

名古屋の夜は凄いと聞いた、何が凄いか分からないけど凄いらしい
昨年のRollRollRockで競演した下島君が案内してくれるという
高鳴る期待に胸を弾ませ、やってきたのは激安中華料理、
たしかに美味さと安さの融合、凄く良かった

旅の間、トランポ、撮影として付き合ってくれたリョースケと飲み交わす
初めてやないかいな、同じ釜の飯、たとえ中華が不味くても美味かったに違いない
しかし何処へ行ってもバイクとロックの話やね俺達は

夜は更け何故か2次会は別のLiveHouseへ移動、アコギを借りメンバーも歌う、
ついに旅の中で1曲生まれた「晴れたらいいな」
旅にうってつけの楽曲、最高だROCKとは言いがたい

そして「寿がきや」の1番美味いメニューを教えてもらったり
世界のやまちゃんより美味い手場先の店がある事も勉強させてもらった
いい名古屋の夜を過ごさせてもらった

rrwnagoya-n.jpg


小雨に変わった午前2時、明日は最終地大阪
去年と同じSOICIOだ去年と同じだと意味が無い

Home > 2011年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。