Home > 2013年04月27日

2013年04月27日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

  • 2013-04-27 (Sat)
  • Feel
4.18アコーステックLIVEの急遽出演中止について
お客様を始め、吉祥寺GB様、ご出演者様、関係者様には、
多大なるご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます

4月16日に母が他界しやむなく出演を辞退させて頂きました
母は82歳という高齢にも関わらず心身共に健康でしたが
風邪の為病院で診察を受けた日から次第に症状が悪化し入院、
初診からわずか25日間の出来事でした

入院から1週間後主治医からの診断は急性間質性肺炎との事、
現代医学では発症の原因や治療方法も見つかっていないもので
主治医からは生存率も低く、余命1週間の宣告に狼狽を隠せませんでした

大量の薬を投与し難病と闘っている母親の姿に、今、自分が置かれている状況の中で
許される限り傍にいてあげて最後の見送りをしてあげたかったからです

ギターを抱え家を出て、ただただ自己表現の螺旋の中で我侭に生きただけの自分
母がこの世に産んでくれた事に子供として何も返してあげた事なんて数える程しかなく
恥ずかしさで母に対しは表現が出来なかった自分…今となっては後悔が残るばかりです

北海道行きを決断した時、自分を心配させない為に酸素マスクから小さな声で
大丈夫と言って手を握りかえしてくれた優しさは一生忘れないでしょう
思えばこんなにも長く母の手を握っていた記憶も無かったけれど
握っていた母の手は自分の手とそっくりな暖かく小さな手でした、
ああ俺はこの人の子供なのだなと思った時、何故か涙か止まりませんでした

桜の花が大好きだった母、自宅から病院に通う道には桜並木が続いて
治るはずも無い病に奇跡を信じ、来年は満開の時に一緒に歩こうねと約束しました
人生は誰にでも、とても残酷な現実を突きつけてきます
桜が散った季節に母は旅立ってしまったけれど
母の愛した並木道の桜は来年も鮮やかに咲き続けていくことでしょう

たった数週間でしたが、母が教えてくれた事を受け止め、
前向いて歩き出して行きたいと思っています

追記

記憶に新しいと思いますがフィギアスケートの浅田真央さんが母親の危篤を知り
GPファイナルで出場を辞退しました、これに対して賛否両論意見が分かれました
彼女のように国の期待を担った立場ではありませんが
今回の事で、もし自分が同じ状況だったとしても親を見取らずも自分ならやるし
あなたにもそうあって欲しい、また葬儀も見送くれないかという意見もあるでしょう
人の考え方は千差万別、様々な意見があって当然です、否定する理由はありません

仕事や自分の目標とするものが目の前にある中での苦汁の選択ではありましたが
ただ自分の場合は病と闘っている母の傍で自分がいることに対し安心させたい事
看病につくす家族のケアやサポートや早く家に帰らせてあげたい気持ちを選択しました
ロックミュージシャンなら…違うだろう、そう考える人もいるでしょう
若い頃ならば多分そう言い切っていたかもしれません
しかしその前に1人の人間としてベストを尽くし心のままに行動したかったのです
セオリーに囚われたり体裁を取り繕う前にもっと大事なものがあることを
母が身を持って自分に教えてくれたのではないかなと感じています

自分と同じ立場の人が少なからずいると思いますが、
この手記がその方達の1つの判断材料として参考になれば幸いです

Home > 2013年04月27日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。