Home > スポンサー広告 > ライディングロッカウェイ RUTE2-2 NAGOYA TINY7 Thxxx!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sivata.blog15.fc2.com/tb.php/175-4f61001b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from SIVA'S DIARY

Home > スポンサー広告 > ライディングロッカウェイ RUTE2-2 NAGOYA TINY7 Thxxx!!!

Home > Tour > ライディングロッカウェイ RUTE2-2 NAGOYA TINY7 Thxxx!!!

ライディングロッカウェイ RUTE2-2 NAGOYA TINY7 Thxxx!!!

名古屋Tiny7に来て頂きありがとうございました
LIVEに来れなかった方々も気持ち頂きました!感謝Thxxx!!!

カーテンを開けると奇跡の晴天、表に飛び出し
バイクを目覚めさせる
12112.jpg
キャブレターに気温5度の空気は吸い込ませキックでエンジン始動
しかし目覚めてはくれず、早朝散歩の爺さん達のギャラリーに囲まれ
アクセルを煽り過ぎてキャブからは火を吹き椎さんに腰を抜かさせ
キックを蹴ること20分、拍手と共にエンジン始動、暖気10分を終え海老名にGO!

MMSライディングロッカウェイツアーは遅刻をすると
浜名湖でウナギを振舞うという鉄の掟があり
海老名SAまでブッ飛ばしで走り抜けました

そして1分前に海老名到着
今回はバイク2台の同行で合計5台の名古屋ツアーとなりました
12113.jpg
今回初参加 KAWASAKI Z2
MMSの曲のタイトルでもあるバイクの登場で俺達の気分もHEATします

ガス欠トラブルはあったものの5台は順調に東名をクルーズ
しかし晴れていても12月の気温、HEATした気持ちとはうらはらに
名古屋の手前ではかなり気温が下がり
350キロほぼノンストップのライディングは次第に体力を奪っていきます
12114.jpg
自分のバイクはサスペンションが後ろに付いていないモデルで
といっても現行モデルでは無く1950年代のリジッドフレーム、
チャリンコと同じで路面の段差を吸収しないので
段差は思いっきり脊髄にキックバックをくらいます
ま、惚れ込んだマシンなんで、どちらかくたばるまで付き合うつもりです

東名を名古屋ICで降りTiny7に到着、
クールに登場といきたいとこですが350キロブッ飛ばした後の自分は
残念ながら汚いバイカーに見えたと思います、晴れてるのにカッパ着てるし
入り待ちしてくれた人達にはさぞガッカリした事でしょう、ま、それもリアルROCK
そしてすかさず痺れた指先でリハーサル
今回は雨ではなかったので指は意外にもすんなり動きイザ本番

12117.jpg
LIVEは共演者に古いハーレー乗りの人もいて当然会場にもハーレー乗りバイク乗りが!
MMS吉田氏が「今回も俺達はバイクに乗ってきました」なんて話で盛り上がり
当然名古屋のMMSオーディエンスも俺達を過激に魂ぶつける勢いで!
まさにロックとバイクのミクスチャー的な感覚に最高に楽しいLIVEが出来ました
自由に感じ自由に盛り上がるそのスタンスは痛快そのもの、
今までは350キロも、しかしLIVEが始まればたった350キロ!
疲れなんて感じるわけが無い、レッドゾーン振り切りさせてもらいました感謝!

12115.jpg


今回の名古屋ツアーで今年のライディングロッカウェイツアーは終了しました
思い起こすと5月の吉祥寺から東名阪を皆でバイクで駆け抜け今日まで来ましたが
常に楽しいだけの仲良しツーリングでは決してなく
おののが感情的になったり、ぶつかったり、知らん振りしたり
助け合ったり、笑いあったり、ムカついたり、分かり合えたりと、

自分が仲間をファミリーと呼ぶようになったのもその時からと思います
そしてメンバー全員がロックとバイクとは何かを走っている瞬間に
高速道路の上で自分のマシンに揺られながら考え
ステージに体現させてきたツーリングだと思います

自分の見つけた答えはバイクという多大なリスクを背負ってLIVEをする事によって
考え方がよりアグレッシブに変化した事でした
大げさに言うとバイク=死は常に身近なものであり
事故や怪我が無く会場に到着しLIVE出来た事はラッキーな事であり、
その幸運にも与えられた時間を大事に完全に燃焼させるという
具体的なビジョンが見えた事です、

このツアーで今しか出来ないリアルなロックを純粋にやり抜くという
本来ロッカーとして当たり前の事が再確認出来、ブレず流されず
昨日よりも今日、今日よりも明日へアグレッシブに音を出していく
だから今、自分はミュージシャンではなくロッカーだと思っています

俺達は名前の通り、バイクで走ってきたこのツアーは
本当の意味でライディングロッカウェイして来たと改めて感じました

そしてこのライディングロッカウェイは本当に多くの人達から支えられ
事故も無く確実にLIVEが出来たと信じています
会場に来てくれた皆、励ましのメールやツイート、コメントを頂いた皆、
ブラザーであるリョウスケ、清水、マキさん、先に天国に行っちまったヒデ、
沢山力をもらい我侭にロック出来ました、改めて感謝します。

12116.jpg
来年またライディングロッカウェイツアーは続くと思います
時間と精神力と体力が許す限り走り抜けより遠くへ
今年行けなかった場所、行かなくてはならない場所へ
舵をとりたいと考えています

ライディングロッカウェイツアー参加ありがとうございました
明日16日は吉祥寺GBでのLIVE、PM9:00予定です是非 ロッカウェイ!





Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sivata.blog15.fc2.com/tb.php/175-4f61001b
Listed below are links to weblogs that reference
ライディングロッカウェイ RUTE2-2 NAGOYA TINY7 Thxxx!!! from SIVA'S DIARY

Home > Tour > ライディングロッカウェイ RUTE2-2 NAGOYA TINY7 Thxxx!!!

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。